ゲームの開発はこうやって行われています

ゲーム開発には最初の発想が大切

ゲーム開発はゲームプランナーがゲームの原案を考えています。
どんなゲームを作るのか、その原案を考えるのがとても大変なのです。大切なことは、プレーヤーがもっとゲームを進めたいと考えたり、プレーしているうちに爽快感やワクワク感をかんじること。そんなゲームを作るためにゲーム開発にまつわるプロデューサーやディレクター、デザイナー、プログラマーなどを招集して企画会議がおこなわれます。ただし、そこは情報交換の場所。新たな発想は会議室では生まれないのです。たとえば、数多くの映画を見る。読書をおこなってみるなど他分野のことをおこなった中での、はらはらした体験やどきどきした体験などが生かされているのです。また、ストーリー性のあるゲームを作る時には旅行体験が生かされることもあります。

チームワークが大切!多くの人々が一つのゲームを完成させる

ゲームを作るには複数のプロフェッショナル人材が集まって一つのチームが構成されます。
まずは、ゲームプロデューサーがゲーム企画の決定や人材や予算の確保などを行い、チーム全体のマネージメントをおこないます。そして、チームの中のリーダー的な役割をこなすもう一人の人材がゲームディレクター。プロデューサーが自ら作業をおこなうことはありませんがディレクターは自らも作業をおこないながら、チーム全体の士気を高めてゆきながら作業を進めてゆきます。その他には、ゲームの内容を考えるゲームプランナー、画面のデザインをおこなうゲームデザイナー、実際のプログラムをコーディングするプログラマ-、音楽を担当するサウンドクリエイターなどが関わり合いながら、チームプレイでゲームが開発されます。

© Copyright King Engineering. All Rights Reserved.